このエントリーをはてなブックマークに追加

シミとそばかすってどこが違うの?

シミもそばかすも、肌の色ムラには変わりません。 形や見た目が違うだけで、実は構造は同じなんじゃないかって思っている方は多いと思います。 どちらも肌に出来てしまったシミっぽい存在なので、同じ様な物だと思ってしまいますよね。 でも、シミやそばかすは全くの別物だそうです。 似たような感じに見えるこの2つの色ムラは、一体何が違うのでしょうか。 この2つの違いを理解する事で、シミやそばかすにきちんと向き合う事が可能となります。

シミとは

 
シミは、解りやすく言うと後天性のメラニン疾患です。 生まれ持ったものではなく、生きてきた上で作ってしまった色ムラです。
原因は、若いうちに受けた紫外線、ストレスやホルモンバランスによる影響が、主です。 生きて来た中で無理を掛けてしまった結果で、起こしてしまいます。 その為、シミが出来ない方もいらっしゃいます。 シミが出来ない方は肌ストレスを受けなかった人、シミが出来た方は肌ストレスを受けた人とも言えます。 ほほや額、目の周り、生え際等に作ってしまいます。
 

そばかすとは

 
そばかすは、遺伝的に出来てしまう先天的なシミです。 生まれ持った物なので、早い人では幼少から出来てしまいます。 シミよりも細かく、頬や鼻周りに散らばるように出来るのが特徴です。
遺伝的で生まれ持った物なので、残念ながら100%消す事は困難です。 加齢とともに薄くなる事はありますので、長い目で見るしかありません
日本人は黄色人種なので、薄いそばかすでしたら目立たない事があります。 欧米人や欧州人等の肌が白い人は、少しのそばかすでも目立ってしまいます。
 

シミ・そばかすケア 

シミとそばかすは何が違うの?紫外線は絶対にNG!
シミは後天性、そばかすは先天性の物ですが、どちらも紫外線を浴びる事でメラニン色素を活発にさせてしまいます。 先天性のそばかす濃くしてしまう程、紫外線というのは威力が強すぎます これ以上シミもそばかすも増やさぬよう、紫外線対策をしましょう。
外出時には、日焼け止めを付けましょう。 一般的なお出かけの際は、低SPFの日焼け止めを付けてお出かけしましょう。 ほんの少しのお出かけでも、必ず日焼け止めを付けましょう。 少しの紫外線でも、シミやそばかすには強すぎます。 シミとそばかすがイキイキする栄養素を、たっぷりと与えてしまいます。
低SPFの日焼け止めを使ってほしい理由は、日焼け止めは想像以上に肌に負担をかけてしまう事。 その為、その時々のニーズで日焼け止めの強さを使い分ける事が、美肌を作る大きな秘訣になります。 SPF50等の高SPFの日焼け止めは、海や山に行く時等の強い日差しを浴びる時のみに使うようにしましょう。

シミとそばかすは何が違うの?ビタミンを摂ろう!
ビタミンは、美白化粧品に配合されているのをよく見かける成分です。
1番のビタミンの美白効果と言えば、メラニンの定着を防ぐ作用です。
更に、肌の代謝を活発にし、肌のターンオーバーを正常に戻す事にも役立ってくれます。
活性酸素を増やさず、必要以上に量になったら排出させる作用もありますので、肌の調子もイキイキしてきます。
ビタミンBやCは、茹でたり熱を通すと壊れてしまいます。 なるべく熱を通さず、水溶性なのでむやみに洗ったり水にさらさないようにして摂取しましょう。
ビタミンAやEは脂溶性ビタミンなので、油と一緒に摂取するのがコツです。 油で炒めたり、油が入っているドレッシングと一緒に摂取すると、より吸収力が高まります。

シミとそばかすは何が違うの?肌に余計な刺激を与えない
肌には何気なく触れてしまう事がありますが、実は良くありません。 刺激を受けると肌を守ろうと肌細胞が働き、簡単にメラニンを作ってしまいます。 触れる回数が多ければ多い程、肌にメラニンを作ってシミやそばかすに栄養を与えていると思うようにしましょう。 肌に刺激を与えている習慣は、これらが考えられます。

・むやみに肌に触れる
髪の毛が触れて顔がかゆくなったり、頬に手を当てる癖のある方は、シミやそばかすが悪化してしまいます。髪の毛は、切るかまとめるようにしましょう。顔に触れるクセを極力なくすよう、強化しましょう。

・肌に手を触れさせて洗顔をする
肌に1番摩擦を掛けてしまう恐れがあるのが、洗顔です。洗顔の際に指や手でゴシゴシ肌に触れる癖がある方は、確実にシミやそばかすに栄養を与えています。泡洗顔をし、洗顔の際は肌に手や指が一切触れないように洗うようにしましょう。

・洗顔後のタオル拭きが乱暴
洗顔後、肌の水分を取り除くためにタオルオフしますが、この際ゴシゴシ肌にタオルを与えているようでは、摩擦力満載でシミやそばかすが喜びます。洗顔後は、タオルを肌に優しく当てるようにしましょう。

・マッサージの際肌を乱暴に扱う
肌をマッサージする事は大切ですが、マッサージの際に肌に摩擦力を与えてしまう事がありますので、注意しなければなりません。マッサージの際は極力肌に摩擦力を与えないよう、クリーム等を付けて肌滑りを良くしてマッサージを行いましょう。

シミそばかすに効果のある化粧品

 


シミとそばかすは何が違うの?

そばかすへの効果は多くは望めませんが、シミに効果的なオススメスキンケアをご紹介します。
ビーグレンです。
オススメ出来るポイントは。ハイドロキノン配合の美白化粧品である事です。
ビーグレン独自のQuSone化のハイドロキノンが、どんな肌にもスッと浸透してくれます。

肌上で弾かれる事が無く肌の奥まで浸透するので、確かな効果を期待する事が出来る、優れものです。
肌の刺激を最小限に抑えており、使い心地が抜群です。
シミへのケアに迷っている方には、1度試してもらいたいスキンケアです。
ビーグレンのトライアルには様々なパターンがあり、QuSomeホワイトシリーズは「White」というセットが該当します。
たっぷり7日分入って1,944円で試す事が出来ますので、気になる方はトライアルから試してみませんか。使われた94%の方が実感した素晴らしい効果を、オススメします。

 

画鋲