シミ・そばかすのメカニズムを詳しく紹介し予防方法についても紹介します。
このエントリーをはてなブックマークに追加

シミ・そばかすはどうしてできるの?

シミ・そばかすができてしまう原因は紫外線・遺伝・生活習慣による乱れです。中でも紫外線によるものが1番多いです。 紫外線を多く浴びるとメラニン色素が多く生成され排出しきれなくなり肌の中にとどまってしまいます。それがシミ・そばかすとなってしまうのです。
 10代の頃から鼻を中心に出来始めるそばかすは主に遺伝的要素が強く美白化粧品を使用しても若干薄くなってもあまり効果はないようです。
 生活習慣の乱れからくるシミ・そばかすは新陳代謝の低下によりターンオーバーが乱れメラニン色素の沈着や排出しきれないなどの原因でシミ・そばかすができてしまいます。

シミ・そばかすを作らせない!

紫外線対策は365日!

どんなにお天気が悪い日でも紫外線の影響を受けます。これ以上シミ・そばかすを作らせないためにも紫外線対策は十分にしましょう! 

美白ケア

毎日の美白ケアは必須です!これは肌内部のメラニンの活動を抑えるためです。美白ケアをたまにしかしていないと表面に浮き出てしまいシミ・そばかすになります。  美白化粧品(美白化粧品、美容液、マスクなど)日焼け止めの使用が効果的です。

UV製品の着用

肌に通さないUVカットされた製品の着用で紫外線を通しにくくします。UVカット加工品の着用、帽子、手袋、日傘で対策してください。UVカット加工品を着用した場合、紫外線を受ける影響は約10%以下にまで低下し大変効果的です!

生活習慣の改善

生活習慣の乱れから新陳代謝が低下しあらゆる肌トラブルの原因となります。改善するためにも食生活を見直し、睡眠不足、過度なストレス、過度な飲酒喫煙などに注意することで防げます!

食生活について

・ビタミンA 新陳代謝を即し、シミを排出させる作用
 鶏レバー・にんじん・かぼちゃ・ほうれんそう
・ビタミンC メラニンの沈着を抑え、メラニン色素を還元してくれる作用
 赤・黄パプリカ・ブロッコリー・ピーマン・いちご
※ビタミンCは体内に蓄えておけないので1日数回にわけて摂取してください。
ファーストフードや肉などの偏った食生活はお肌に大敵です!偏らず栄養分豊富な食べ物を摂取しましょう。

睡眠・喫煙・飲酒について

寝入り後3時間〜4時間の間に成長ホルモンが分泌されます。量より質を意識しリラックスすることでお肌が活性化し新陳代謝を高めます。 喫煙はニコチンによる血行不良により代謝が低下し肌あれの原因です。お酒は飲みすぎると肝機能が低下し活性酸素が増えお肌の老化が始まります。

シミの種類と原因

老人性色素班

紫外線が原因で長い年月を経て色素沈着しシミ・そばかすとなり表面にでてきてシミ・そばかすになります。

肝班

妊娠・出産、女性ホルモンが原因で頬や額に数センチのシミとなって現れます。紫外線や時期的なもので濃くなることがあります。

炎症性色素沈着

ニキビ跡や傷跡にできるシミでこれは一時的なものが多く消えるものが殆どです。

脂漏性角化症

中年以降になりやすく皮膚の老化で盛り上がったシミがイボ状になること。

雀卵班

遺伝や外線により鼻〜頬を中心とした斑点ができることです。紫外線で濃くなることがあります。

花弁状色素班

急激に日焼けしたあと、背中に花びらのような形状をしたシミができること。

美白化粧品で消えるシミと消えないシミ

消えるシミ 消えないシミ
老人性色素班 脂漏性角化症
炎症性色素班 花弁状色素班
肝班 遺伝による雀卵班
消えないシミはレーザーの治療で消すことができるので皮膚科や美容外科で相談してみてください。
美白化粧品で最も美白効果が高いのは美白美容液やマスクです。ピーリングで古い角質を除去しシミを作りにくくするので週1ペースでケアするのもよいでしょう。
美白化粧品の場合、強い成分が配合されていることがありますので自分の肌質にあった商品をじっくりと選んでみましょう! そこで美白効果の高い美白化粧品を紹介します!是非参考にしてみてください。

オススメしたい美白美容液

ディセンシア サエル ビーグレン

敏感なお肌に多い青赤黄のくすみの3原色を解消しお肌の土台から強化してくれ輝く白肌へと導いてくれます!

button_1

94%の人が実感!美白成分ハイドロキノンの効果で透明感のある素肌へ導いてくれます。


button_1